ente‐will

ネットの話題を中心に気になったことや調べたことを書いています

ハロウィンはいつ?何をする日

   

毎年10月31日はハロウィンです。

日本でハロウィンが認知され始めたのは1990年代と言われています。東京ディズニーランドなどでハロウィンイベントが増えてきたことがきっかけのようです。

しかしハロウィンという言葉は知っていても具体的に何をするイベントなのかわからない人がほとんどだと思います。

知っている事と言えばトリック・オア・トリート、お菓子、仮装、顔を掘ったかぼちゃのジャック・オー・ランタンくらいではないでしょうか。

ハロウィンってなに?

1年の暦が10月31日までだったケルト人が発祥の風習だと言われています。ケルト人は中央アジアからヨーロッパ(アイルランドあたり)に渡った民族らしいのでヨーロッパが本場だと思いますが、限られた地域のみで行われている風習で現在はアメリカのほうが盛んなようです。

ケルト人社会では10月31日が1年の終わりで冬の始まりだった。この日に死者の霊が家族を訪ねてきたり、悪い精霊や魔女が出てくると信じられていたので身を守るために仮面を被り魔除けの焚き火を焚いていた。また秋の収穫を祝う行事でもあった。

ハロウィンの言葉の語源はカトリック教の「諸聖人の日」の前日を意味する「Hallows eve」が訛ってハロウィンになったと言われています。

現在のハロウィン

トリック・オア・トリート、かぼちゃ、仮装はみんなが知っているハロウィンだと思いますが実際のハロウィンもこれと大差ありません。あまり知られていないのはダック・アップくらいでしょうか。

トリック・オア・トリート

子供たちが近所の家をまわり大人たちにTrick or Treat (トリック・オア・トリート)と声をかけてまわります。「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ」という意味の言葉なのですが、この呪文を唱えられたらお菓子を渡さなければいけません。渡さないといたずらされます。

ジャック・オー・ランタン

大きなかぼちゃの中身を中身をくり出して悪そうな顔を掘り、中にロウソクなどの光源を設置します。お化けランタンと呼ばれることもあります。
悪い霊を怖がらせて追い払うために玄関前などの出入り口に置きます。

かぼちゃの種類は特に決まっていません。大きな種類が使われることが多い傾向にありますが、家庭では飾るなら小さいものでもいいですね。

名前にハロウィンが入ったハロウィンカボチャというジャック・オー・ランタンのためにあるようなかぼちゃもあります。ちなみに食べられません。

仮装

ハロウィンの仮装はアメリカで流行しているそうなので、昔からハロウィンを行っている地域ではあまりやらないのかもしれません。

仮装の題材となるのは幽霊や魔女など主に恐ろしい存在の物が基本ですが、決まりは特に無くディズニーやアメコミのコスプレなど見る人を不快にしない仮装なら何でも良いようです。

ダック・アップル

ダック・アップルまたはアップル・ボビングは水を張ったタライにリンゴを浮かべ手を使わずに口で取るゲーム。

まとめ

  • ハロウィンは毎年10月31日です。
  • ハロウィンの日にはジャック・オー・ランタンを飾ったり、仮装をします。子供は近所の人からお菓子をもらいます。

ハロウィンはケルト人が発祥の風習と言われていますが、昔からハロウィンの風習がある地域以外はアメリカの影響を受けているようです。内容はどこも大差ないと思います。

トリック・オア・トリートなんかは近所を巻き込まなければならないので受け入れられないと思いますが、アメリカでも普及するまで半世紀ほど掛かっているようなので、日本で普及するのはまだ先の事になりそうです。イベントやホームパーティーなら受け入れやすそうですね。

 - イベント

Adsense

スポンサーリンク

Adsense

スポンサーリンク

  関連記事

hahanohirank
2015年の母の日はいつ?もらいたいギフト・プレゼントはこれ

もうすぐ母の日ですね。何をプレゼントするか決めましたか?毎年恒例のイベントですが …

no image
京都大作戦2015 出演アーティスト 発表 チケット発売はいつ

京都出身の3人組ロックバンドが主催するロックフェス「京都大作戦2015 ~いっ祭 …