ente‐will

ネットの話題を中心に気になったことや調べたことを書いています

雪男イエティーの正体がオックスフォード大のDNA調査によって判明

   

日本では雪男としても知られるヒマラヤ山脈に住むとされているイエティの正体が最新の調査によって判明した。

調査を行ったオックスフォード大学のチームによると雪男イエティーのDNA型はクマなどの動物のサンプルと一致したという。

雪男イエティとは

1887年ヒマラヤ山脈でイギリスのウォーデル大佐が初めて足跡を発見したことで世界中に知られることとなったイエティ、今では未確認動物(UMA)の代表格と言ってもいいほど知られる存在かとおもいます。

イエティはネパールの少数民族シェルパ族の言葉で岩を意味する「Yah」と動物を意味する「Teh」から名付けられ伝承も伝えられている。2足歩行で全身が長い毛で覆われた猿人類の特徴を持つとされる生物。

身長については2メートルから5メートルと目撃情報がまちまちで、ヒマラヤの僧院には「イエティの頭皮」や「ミイラ化した手首の骨」保存されていている。

足あとが発見されてからは目撃情報が数多く寄せられ、多くの探検隊が調査に向かったが正体を明らかにすることは出来なかった。

噂によると登山家達が資金繰りのために目撃情報をでっち上げていたとも言われている。

調査

夜に知れ渡る前の1960年には人類初エベレスト山頂到達に成功したエドモンド・ヒラリーがイエティのものとされている鳴き声や体毛、糞などは様々な動物のものだと調査結果を発表していた。

また、他の調査隊や雪男目撃者としても知られるラインハルト・メスナーはチベットヒグマと調査結果を発表している。

今までのエイティ調査は物的証拠に重きを置いていたようですが、今回発表を行ったオックスフォード大学のブライアン・サイクス氏のチームはイエティとされる生物から採取した体毛からDNA型を調査。

その結果ヒグマやアメリカグマ、馬、雌牛、アライグマのものと一致した。さらに、40年前にチベット高原で捕えられたイエティのものとされる体毛は氷河期のホッキョクグマの化石から抽出されたものと一致していたという。

あとがき

正体が知りたい気持ちはありますが、いざ知ってしまうと「う~ん」って気持ちになりますね。

ちなみに、ビッグフットとDNA配列が一致したのはアメリカグマ、馬、ヤマアラシ、羊、オオカミなどになるようです。

今までDNA検査をしなかったのは「これまで科学界は未確認生物の研究に余り真剣に取り組んでこなかった」ということなので、さらに多くの謎が解明されることになるでしょう。

もしかすると候補に上がった動物の中にイエティが存在している可能性も・・・

 - ニュース

Adsense

スポンサーリンク

Adsense

スポンサーリンク

  関連記事

マイマイガがゾンビウイルスことバキュロウイルスに集団感染

飛騨山中で蛾の一種マイマイガが大量死する現象が目撃されました。この現象は去年も目 …