ente‐will

ネットの話題を中心に気になったことや調べたことを書いています

2015年のしぶんぎ座流星群が極大となるのはいつ?時間や方角など。今年は観測条件が良くない!

   

nagareboshi

三大流星群の一つ「しぶんぎ座流星群」が1月4日に極大を迎えますが、時間との兼ね合いで観測条件は良くないようです。

「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」と並び三大流星群と呼ばれている「しぶんぎ座流星群」が1月3日から4日に掛けて観測することができます。ウェザーニューズでは恒例のライブ中継も実施されます。

見頃の時間と方角

1月3日から1月4日に掛けて観測することが出来るので、なんとなくおめでたい感じがある「しぶんぎ座流星群」は3日の夜から4日の夜明けまで北東の空に出現します。流星が一番多く流れる極大になるのは4日です。

見頃の時間
3日の0:00~夜明けまで
4日の0:00~夜明けまで

観測条件は良くない

3日、4日とも天気に関係なく観測条件はよくありません。

3日は月が満月に近くなる為、空が明るく流星が見えにくくなります。月を直接見ないように夜空を眺めるのがポイントです。1時間に10個程度流れると予想されています(通常20~50個)。

4日は極大になるのですが、時間が昼の11時と明るい内に来てしまうので恩恵にあやかることは出来ません。それでも4日の未明の方が見やすいようです。

方角

「しぶんぎ座流星群」が流れる始める位置(放射点)は北斗七星の下にある「りゅう座」と「うしかい座」の間から流れ始めますが、夜明けに向かって放射点は空高く昇ります。また、流れ星は四方八方に飛ぶので放射点にこだわらずに空全体を見回すと見つけやすい。

今はなき星座

最初の放射点となる位置は元々「しぶんぎ座」や「壁面しぶんぎ座」という星座が存在していました。「しぶんぎ」は「四分儀」と書き、フランスの天文学者ジェローム・ラランドが天体観測に使われる四分儀から名付けました。

それが、1928年に開かれた国際天文学連合で選ばれ88個の星座に採用されなかったため星座としては消滅してしまいましたが、放射点の位置が当時のしぶんぎ座の位置だったため現在でもそう呼ばれています。

最後に

1月の寒空の中、場所によっては雪が積もっている中での観測になることが予想されますので、暖かい格好など防寒対策はしっかりし観測に臨みましょう。

 - 天体ショー

Adsense

スポンサーリンク

Adsense

スポンサーリンク

  関連記事

lyr_l
2015年の「こと座流星群」はいつ?時間と方角を調べました

2015年4月22日は「こと座流星群」を見ることが出来ます。全国的に天気は 天気 …

no image
ラブジョイ彗星 2015年1月7日が見頃!時間や方角について

2015年1月7日ラブジョイ彗星が見頃を迎えます。去年も観測できたのでそんなに珍 …

nagareboshi
2015年 天体ショー カレンダー

2015年にある天体ショーを調べてみました。抜けていたり、ずれていたり、間違って …