ente‐will

ネットの話題を中心に気になったことや調べたことを書いています

アイリッシュジャイアントとは?巨人の化石がアイルランドで発見されていた

      2015/05/08

“アイリッシュジャイアント”なるものが話題だそうなので調べてみたら情報が殆ど無いのだが本当にアイリッシュジャイアントと呼ばれていたのだろうか。とりあえずアイリッシュジャイアントについて分かったことを書いておこうと思う。

まず、アイリッシュジャイアントというのはアイルランドで見つかった巨人の化石のことで、1895年に北アイルランドのアントリム州アントリムの鉱山でW.デイヤーという人物が発見した。

巨人の化石は身長370㎝、体重約2tで足の指は6本あったという。大変大きく処理に困ったので自宅近くの貨物列車倉庫にしまっておいたところ巨人の化石は消えてしまい現在に至る。

発見後にイギリスの月刊誌ストランド・マガジンで取り上げられ専門家が調査に乗り出すところだったという。

ちなみにストランド・マガジンはシャーロック・ホームズが初めて掲載された雑誌で、1891年1月から1950年3月までの60年間出版されていた。

アイルランドにまつわる巨人の話

これがアイリッシュジャイアントらしいのだが、アイルランドには後4つほど巨人にまつわる話が見つかった。

一つ目は「アイルランドの巨人」と呼ばれたチャールズ・バーン(1761年 – 1783年6月1日)。アイルランド出身のチャールズ・バーンは推定身長248~254㎝でロンドンの見世物小屋で働いていた。現在はロンドンのハンテリアン博物館に収蔵されている。

二つ目はイギリス・北アイルランドで世界遺産に登録されている「ジャイアンツ・コーズウェー」。巨人の石道という意味があり火山活動で出来た4万ほどの石柱はとても大きく巨人が作っという伝説がある。

三つ目はアイルランド神話に登場する「フォモール巨人族」。山羊や馬、牛などの頭を持った蛮族だったらしい。

最後は有名な小説「ガリヴァー旅行記」。アイルランドの風刺作家ジョナサン・スウィフトが書いている。

アイルランドには巨人にまつわる話が多いが、アイリッシュジャイアントの真相は今だ不明である。UMAかフォモール巨人族が実在していた可能性もあるのかもしれない。

 - 雑学・豆知識

Adsense

スポンサーリンク

Adsense

スポンサーリンク

  関連記事

no image
マヤ暦、人類滅亡予言の日は2015年9月3日だった!

人類が滅亡するという予言を残したマヤ文明があります。当初は2012年12月21日 …

サンタクロースの由来、赤鼻のトナカイや赤い服について

クリスマスに世界中の子供たちにプレゼント配り歩くサンタクロースにはモデルになった …

damage-hair
海水で髪がギシギシ!ダメージを受けた痛んだ髪の対策

夏の海やプールで髪が濡れると色落ちしたり、髪がギシギシ・ゴワゴワ・パサパサになっ …

no image
車のブレーキホースを切断するトリックに付いて考えてみた

名探偵コナンなど探偵もののトリックに車のブレーキホースを切断しブレーキを効かなく …

なぜか毎年サンタクロースを追跡している団体NORAD(ノーラッド)は以外な組織だった

アメリカ軍とカナダ軍が共同で運営しているNORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部 …

SC06024
油団とは?夏を涼しく過ごす日本の伝統工芸品、値段は驚きの○○円

油団、文字だけ見ると何処かのブループや団体かと思ってしまいますが、油団は「ゆだん …

no image
ペースメーカーが携帯電話の影響を受けなくなった!電車でオフにするのは別の問題?

ペースメーカーは携帯電話の電波の影響を受けるといわれていました。電車などは密集す …

no image
蜘蛛が空を飛ぶ?雪迎え、雪送りはバルーニングと呼ばれケサランパサランの正体かもしれない

蜘蛛の子供は糸で空を飛ぶことができます。これをバルーニングといい生息範囲の拡大に …

no image
モーゼの十戒と海を割ったことは関係ないが割れたのは史実かも

モーゼの十戒として知られる旧約聖書の海が割れる奇跡ですが、フィクションなどではな …

no image
カエルツボカビ症で世界の両生類が絶滅の危機!日本で流行はない

ヨーロッパのベルギーやオランダでサラマンダーやイモリの大量死が大流行しているそう …